東北大学ヘリアック装置(TU-Heliac)

TU-Heliacはプラズマ外部に設置された中心導体コイル、トロイダルコイル、垂直磁場コイルによって三日月型の磁気面を形成します。トロイダルコイルは、中心導体コイルに対し、螺旋状に設置され、そのため磁気軸も螺旋状に形成されます。本装置は、ヘリカル系の中でも立体磁気軸系に属します。




下の写真には、赤色のトロイダルコイルと垂直磁場コイル、緑色のRFコイルが見えます。写真左上にはコンデンサバンクが見えます



東北大学ヘリアック装置のパラメータ
-----------------------------
トロイダル周期 4
大半径 48 cm
平均小半径 約6 cm
磁場強度 0.34 T
RF出力 約30kW
放電ガス H,He,Ar
電子密度 5x1011cm-3
電子温度 30eV
放電時間 10msec
-----------------------------

主な計測器
-----------------------------
&phi=0° トリプルプローブ
&phi=90° 6mmマイクロ波干渉計
&phi=159° 25cm分光器+CCDカメラ、フォトマル
&phi=339° 1m分光器+フォトマル
TOF(現在準備中)
-----------------------------

核融合炉の実現にはプラズマの閉じ込め改善が重要課題です。そのためTU-Heliacにおいて熱陰極バイアス実験、Ti電極バイアス実験、アイランド実験が行なわれ、プラズマ閉じ込めの物理研究が行なわれています。


========ダウンロード用==========================================
Heliac.jpgHeliac_coil.jpg
spec_chord.jpgspec_chord.eps
spec.jpgspec.eps
m_probe.jpgm_probe.eps
HotCathode.jpgHotCathode.eps
HotCathode2.jpgHotCathode2.eps
Heimenzu.jpgHeimenzu.eps

磁気面(カレイダグラフ用)
CASE I
3.28 0180270315

CASE II
2.00 0180270315
2.50 0180270315
3.12 0180270315
5.00 0180270315

CASE III
3.12 0180270315

CASE IV
0180270315

CASE V
2.00 0180270315
3.12 0180270315
4.50 0180270315